成功事例2

幸せな復縁成功

依頼者 青森県 Wさん 32歳

聞き取りによると

依頼者のWさんは結婚して3年目

Wさんは出来心で知り合った女性と性的関係を持ってしまったそうです。

当時Wさんとその妻はややセックスレスのような状態になっており

1回くらい浮気しても…

と言う軽い気持ちでWさんは浮気をしてしまいました。

しかし、その浮気は一度限りで留める事が出来ず

Wさんは二度三度と繰り返してしまったそうです。

その結果、妻に浮気していたことが全て知られてしまい離婚する事となりました。

原因は全てWさんの方にあったので離婚を承諾せざるえない状況でした。

しかし離婚後

妻のいない虚無感と孤独感

改めて妻は大事な人だったと言うことにWさんは気付いたそうです。

自分はなんて最低なことをしたのか…

反省し

後悔し

そんな日々を過ごしている時、当社へ辿り着いたそうです。

自分の過ちで離婚になったと言うのに

離婚した妻ともう一度夫婦になりたいなんて…

そんな虫のいい話しがまかり通るわけなどない。

もし私どもに相談しても呆れられるだけなんじゃないか…

などと思っていたそうです。

しかし、妻に対する想いが次第に大きくなり私どもにご相談を申し込まれました。

私どもはWさんの置かれた状況や

Wさんのお気持ちを余す事無く聞き取り

対象者であるWさんの元妻の身辺調査を開始しました。

その結果

対象者の男性関係について現在は何もない事

住んでる場所

現在Wさんと同業の仕事をしている事がわかりました。

Wさんにその情報を伝えると

Wさんは私どもに「自分で話をしにいきたい」とおっしゃいましたが

私どもはその気持ちに一旦ストップをかけました。

「まずは私達が復縁工作を仕掛けていきますので見守っていてほしい」と。

その時にはすでに対象者と当社工作員との信頼関係が築けていたので

Wさんにはその会いたい気持ちを堪えて頂いたのです。

対象者には同性の復縁工作員を職場に潜り込ませその本心を探るべく動きました。

工作開始時の対象者の気持ちは実際のところ

もう二度と顔も見たくない!

結婚していた過去は忘れ去りたい!

と、かなり苛立って居ました。

その事実伝えたところWさんは大変落ち込み

工作をストップして下さい。

もう諦めます。

とすっかり意気消沈してしまいましたが

その気持ちを我々スタッフが受け止め

励まし

勇気づける事によって復縁工作は続行する事になりました。

それから2ヶ月が経過した頃

工作員が仕掛け続けた心理誘導の効果で対象者が

「Wさんの浮気は自分にも原因があったのではないか」

と考えるようになったのです。

そして復縁工作を依頼されてから5ヵ月後

Wさんはついに対象者と再会することになります。

対象者とWさんの仕事が同業だったこともあり

当社工作員が仕事の話も兼ねて飲み会をセッティングし対象者を呼び出しました。

その飲み会では他の工作員も派遣し、偶然を装ってWさんも居酒屋へ。

対象者はかなり驚いた様子でした。

その後、対象者はWさんに対し他人のように接していましたが

当社工作員の方からWさんがとても仕事を頑張っている事を持ち上げて会話を運びました。

結果、その日は対象者がWさんを他人のように接する姿勢を変えることはありませんでした。

しかし、飲み会から1週間後

Wさんへ「対象者へWさんから連絡をしてみて下さい」と伝え。

Wさんが離婚以来初めて対象者に連絡を取った所

なんと二人で会う事になったのです。

最初はお互いによそよそしく話しをしていましたが。

事前に私どものアドバイスを受けていたWさんは少しずつ対象者の心を開かせることに成功。

その後、Wさんは対象者と過ごす時間が少しずつ増えて行き

Wさんが浮気をしてしまった理由や

ずっと後悔をしていたこと。

お互いに本心を話し合えるようにもなり

信頼関係が再構築出来てるとWさんは感じたそうです。

そこで当社は最後の仕上げとして

「対象者の誕生日に指輪を送る」

と言う提案をさせて頂きました。

そして迎えた対象者の誕生日

ディナーの後

二度目となるプロポーズの言葉と婚約指輪を渡すと…

対象者は泣きながら喜んで承諾してくれたのです。

こうして無事復縁に成功したWさんは

過去の過ちを忘れる事無く末永く幸せな時を過ごす事になるであろう

この件に関わった当社スタッフは全員がそう確信したのです。