復縁成功事例1

復縁成功

依頼者岩手県Tさん(27)

ある日突然彼女と連絡が取れなくなり

どこにいるのかさえもわからなくなって関係が消滅してしまった依頼者Tさん。

相手に何かあったのだろうか?

自分が何か悪いことをしたのだろうか?

などと考えても何もわからず

結婚まで考えていた彼女が突然居なくなった事に絶望していたそうです。

復縁工作は調査もあるので探偵業の資格がないと出来ない。

その事を以前テレビで観て知っていたTさんは

事件性と自分がフラれた可能性の2つを考慮し、当社に行方調査と復縁相談を依頼されました。

当社はまず二人が別れるまでの関係や状況を判断するために

何日もかけてTさんから必要な情報をできる限りお聞きしました。

その結果

確かにTさんのおっしゃる通り失踪とも別れとも判断できる状態でした。

いずれの場合にせよまずは元彼女(対象者)の所在を明らかにしなければ何も始まらない。

そう判断し当社調査員が行方調査から開始しました。

まずはTさんと対象者の共通の友人から辿りました。

結論から申しますと

対象者は自らの意思で音信不通にし

Tさんとの関係を断っていたのです。

Tさんが共通の友人をあたっても見つけることが出来なかったのは

実は別れの事情を知っている友人が彼女をかばい隠していたのです。

当社が発見に至ったのは

調査員が調査力を駆使しその怪しい友人に目処を付ける事が出来たからです。

そして対象者の所在が明らかになった後は

対象者に工作員を接触させ友人関係を築きました。

その中で対象者が話してくれたのは

Tさんにとってはとても辛い出来事でした…

元々Tさんと対象者が付き合っていた期間は6ヶ月ほどでしたが

本当に心から分かり合える仲で

お互いに結婚するならこの人しかいないと感じ話し合っていたそうです。

それでもなぜ彼女はTさんとの別れを選んだのか。

それも突然に。

その事実は…

Tさんと付き合う前に同棲していた男性との子どもが出来ていたからでした。

Tさんと付き合い始めてしばらくした頃

別れた男性に会うことのあった対象者は無理やりに関係をもたされてしまったのです。

そんなことをTさんに心配を掛けたくないが為に言えなかった彼女は

一人でその事実を抱えこみ黙って居る事を決めました。

しかしちょうどその彼女が失踪する数日前

妊娠したことが発覚します。

時期的にTさんの子ではなく明らかにその男性の子どもだったのです。

彼女は何度も子どもをおろそうと考えましたが

すでに一つの命が自分の体の中に宿っていると考えた時に

一人で責任を持って子供を育て

Tさんとは別れようと決意したのだそうです。

優しいTさんに話をしたら彼は全てを受け入れてくれるだろう。

しかし

自分もTさんも心からこの子を可愛がることが出来るのだろうか…

どこかでわだかまりができないだろうか…

また、Tさんの顔を見てしまったら別れられなくなってしまう自分もいる。

そう考えた彼女は失踪するという手段を取ります。

事実を全てを知ったTさんは酷く落ち込みました。

彼女の自分への気持ち

その様な事実があった事を知らない悔しさなどからです。

私達もとても切ない気持ちになりましたが

私達の仕事は復縁をしていただくこと。

気持ちに嘘偽りがなく

二人とも納得して

また元の関係に戻るための着地点を必死に探し

結論を出します。

そしてTさんへ改めてこの状況でも復縁を続けるか否かの確認をしました。

Tさんは悩みながらも

それでも復縁を進めてほしいとおっしゃいました。

すぐに工作の手法と計画をお話しし

対象者へTさんの意向を考慮した上で接触し工作を行っていきました。

まずは罪悪感を持っている対象者に考え方や価値観を変えてもらう所から工作を開始。

徐々にこの工作員の復縁工作によって復縁を考え始めた対象者。

この間Tさんも対象者も非常に辛く苦しい思いをしていました。

そして突然の失踪から4ヶ月目

Tさんと対象者は再会を果たします。

この時点では対象者も考え方や価値観が変わりTさんとの復縁を前向きに考えていました。

また、同時にお腹も大きくなっていました。

そして工作開始より3ヶ月目。

Tさんと元彼女は無事に復縁しました。

生まれた赤ちゃんも二人で心から可愛がり

今では二人目の子供を授かり幸せな毎日だそうです。