復縁工作 そのメリットとデメリット

復縁工作員シルエット

復縁を望む人にはメリットでしかないような復縁工作にもデメリットは存在します。

今回は復縁工作におけるメリットとデメリットについて解説致します。

まず復縁工作における最大のメリットとは

対象者と依頼者の間に依頼者側の善意の第三者を挟む事が出来る

という事であります。

中立のはずの第三者が

実は自分の味方である

というのは対象者に対して非常に大きな影響力があります。

例えば

対象者から連絡を拒否されている依頼者の障害を第三者の立場から取り除く事も出来ますし

第三者の立場に立って依頼者の気持ちを代弁する事も出来ます

そして対象者の気持ちが復縁に向かうように心理誘導を行う事が出来ます。

これらは依頼者が自分一人では絶対に出来ない事であり

復縁する上で善意の第三者からの心理誘導は抜群の効果を発揮します。

このような工作を行う事によって復縁の成功率を劇的に上げる事が可能となるのです。

これは実際に自分の力では復縁出来ないと感じている方

絶対に復縁したいと強く思っている方には大きなメリットがあると言えるでしょう。

ただし

復縁工作における最大のメリットである

第三者を挟むことが出来るという事が

同時に復縁工作の最大のデメリットも発生させるのです。

その最大のデメリットというのは

工作員を使うという事により発生する費用です。

工作員の時給は千円位で…

などと考え、そんな大きな金額にならないだろうと考える方もいるようですが

その考え方は有り得ないことです。

例えば

対象者と接触するのに不自然でない場所を探さなければなりません。

それを調査する為には時間も人員も必要となります。

対象者と仲良くなる為の人柄やトークといった専門的な復縁工作に関する技術も必要です。

その上で対象者と頻繁に会ったり連絡を取り合ったりする事が必要になります。

依頼者の置かれた状況にもよりますが

復縁工作には100万円以上かかるケースも珍しくありません。

工作は復縁手段として高い成功率を見込めるというメリットがありますが

高額な費用が掛かるというデメリットもあるのです。