復縁に繋げる連絡とそのテクニック

繋ぐ手

復縁に繋がるLINEやメールの文章というモノがあります。

復縁成功の大前提として前回申し上げた通り別れた後は冷却期間の時間を必ず設け

連絡を取らないという事を徹底しなければなりません。※ただし、相手から連絡が来た場合は返事をしても構いません

別れた後にLINEやメールを送らない様にすると相手はあなたに対して安心感に似た感情を感じるようになります。

この安心感に似た感情が復縁にとって非常に大きなポイントなのです。

アナタは復縁したくて、相手に対してしつこく復縁を要求するようなアプローチをしてしまっているはずです。

アナタにとっては誠実な復縁のお願いでも相手はしつこいなと思い、その嫌な思いは次第に恐怖へと変わって行くのです。

復縁したいなら、まずは相手のその恐怖安心に変えてあげないといけないのです。

アナタが適切な期間の冷却期間を置いて連絡を取らない様にする事で相手はひとまず安心します。

復縁を目指す!

そう決めたのなら、まずはこちらからの連絡を絶ち

相手を安心させてから

数ヵ月後に

明るくてテンションの高い軽めの文章を送るのが良いのです。

送り方のポイントは

相手の想定の斜め上を行く文章を送るという事です。

アナタが復縁したいと思っているアナタの相手に

  • 「なんでこの人っていつもこんな感じの文章なんだろう」
  • 「こういうメール送ってくるあたり何も変わってないんだな」
  • 「昔と変わらないLINEの送り方でウザい」
  • 「あー、あの人ならこういうLINE送ってくるよね」

と思わせてしまったら、その相手との復縁の可能性はガタ落ちです。

本気で復縁したいのなら

相手が

  • 「なんだ?このメール」
  • 「こんなLINE送ってくる事なんて今までなかったよな」

と思うような文章を送らなければならないのです。

これまでの自分なら絶対にこんな文章では送らないという様なメール。

前の自分ならこんな適当な文章は送らないという様なLINE。

復縁を目指すなら、そんな文章をメールやLINEで送りましょう。

それから、冷却期間明けに連絡を取る際のテクニックにはもう一つあります。

そのテクニックとはピークエンドの法則

これを正しく理解して実行しないと、復縁は難しいのです。

ピークエンドの法則とはその名の通り

「ピーク(最高点)」「エンド(終わり」にするというテクニックです。

アナタが復縁したいと思っている相手とメールやラインの交換をしている時は心から楽しくて嬉しいはずです。

そして「やり直したいな…よりを戻したいな…」と思いながら文章を考えやり取りしているはずです。

ただし、この時のあなたは完全に盲目状態になっています。

どれだけ「自分は冷静だ!」と思って居たとしても、絶対に冷静なんかではありません。

復縁したいと願う大好きな相手と久しぶりにLINEやメールをしていて冷静で居られるのならば

その相手の事はそれほど好きではないという事になるのです

そんな状態で相手とメールやLINEのやり取りをしていると

その時間が楽しすぎて

「メールやLINEを終わらせるタイミング」を逃してしまうのです。

その結果

相手からは「やっぱりしつこい、ウザい」と思われ

LINEをブロックされてしまったりメールを受信拒否にされてしまい

せっかくの復縁のきっかけを失うという流れになるのです。

よって、復縁したい相手とLINEなどをしている時は

必ず

お互いのやり取りと気持ちが一番盛り上がった所で終わらせるという事を意識しなければなりません。

アナタが

今最高に楽しくLINEのやり取りができているぞ!

と感じている時には

相手はもう飽き始めています。

アナタが

そろそろ話すネタがなくなってきたかな?

と感じ始めた時

相手はもうあなたの事を

ウザい…やっぱり返事したのは間違いだった。もう二度とこいつとは連絡取りたくない

と思っているのです。