別れた相手からストーカー扱いされている方へ

相手からストーカー扱いされている場合の復縁方法についてその基礎を解説します。

まず、アナタは自分の事をストーカーだと思っていますか?

それとも自覚の無いストーカーでしょうか?

自分の行っている事がストーカー行為だとわかっている場合は

今すぐにそのストーカー行為をやめましょう。

ストーカー行為を行う人は間違いなく視野が狭くなっています。

世の中には素敵な人間というのは山ほどいます。

人生は短いのだからもっと素敵なパートナーを獲得するために行動したほうが楽しいですし

その行動自体があなたが今大好きな相手との復縁にもつながっていく非常に重要な行動なのです。

次に自分がストーカーだと認識してない方。

自分のやってる事がストーカー行為だと気づいていないあなたは

ストーカーだと自覚している真性ストーカーよりも問題です。

例えば別れた相手にLINEをして返事が来なかった時

さらに追いかけてLINEをしてしまった時点で

完全にストーカーと認定されてしまいます。

ストーカー規制法では

つきまとい等の行為(電話やメール、LINE等も含む)を繰り返し行う

事がストーカーであると定められています。

問題なのはこの【繰り返し】

何度やると【繰り返し】と認定されるのか

という明確な規定がないということです。

ここが非常に重要です。

繰り返しというのが何度までなのかという決まりがない

逆に言うと

捜査機関の尺度によっては2度目から【繰り返し】だと認定される可能性がある

ということなのです。

1度目は【繰り返し】とは絶対になりませんが。

2度目は【繰り返し】になる可能性があるという事です。

つまり

2度繰り返したらあなたは刑事事件の被告になる可能性がある

ということです。

よってストーカーということになるのです。

これが理解出来れば

自分は法律上ストーカーであった

ということに気が付く事が出来るはずです。

正常な思考の働く人間はストーカーからの復縁要求には絶対に応じません。

ストーカー扱いから復縁を目指すには

まず自分に対するストーカーというレッテルを相手に剥がしてもらうことが一段目のステップとなります。

「この人はストーカーじゃない」

「この人は怖くない」

「この人は私を殺したりしない」

ということを理解してもらう必要があります。

ですが、これをあなた自信が相手に伝えるとやはりストーカー扱いされます。

「私は怖くない!」

と直接言ってくる人は怖いんです。

「私はストーカーじゃない!」

と直接言ってくる人はストーカーです。

「私は君を殺したりしない!」

等と言おうモノならもう逮捕、立件される覚悟をしてください。

なぜなら「アナタを殺したりなんかしないから会って欲しい」

というのは

「会ってくれないのならアナタを殺す」

という逆説的な意味を連想させる言葉だと考えられるからです。

これは捜査当局はすぐに動きます。

「アナタを殺す」でも「アナタを殺さない」でも

そのどちらでも捜査当局はすぐに動きますのでご注意を。