元彼の好きな人と別れさせる別れさせ工作の成功事例

浮気発覚

Hさんは秋田県にお住まいの23歳。

別れさせ工作のご依頼者様の年齢層としては30代前後の方が最も多いと言えます。

その中で今回の依頼者Hさんは比較的お若い20代の前半でいらっしゃいました。

お悩みはHさんが通うテニススクール内で起きた三角関係でした。

20代半ばまでの方々が集まるそのテニススクールでHさんはある男性に想いを寄せていました。

その男性と程なくして交際関係に発展することができたそうなのですが

ある日突然その彼から別れを告げられてしまいました。

その理由は

他に好きな人ができたから。

そしてその好きな人というのが

同じスクールに通う同年代の女性でした。

その方とはHさんも面識がある分悔しい思いが消えません。

そんな状況で別れさせ工作というモノの存在を知ったHさんは

なんとかして彼を取り戻したい!

との願いを我々に託してくださいました。

依頼を受け我々がまず最初に取り組んだ事は

対象者が浮気をしやすいシチュエーションを作り出す

というオペレーションでした。

意中の人を手に入れるためにその相手を別れさせてほしい!

というご相談は私共にお寄せいただく相談の中で多いテーマの一つです。

そしてその最も有効な解決方法とは

対象者に対する恋愛工作となります。

この案件もその方法にて対応させて頂きました。

流れとしては

まずは対象者に対して自然に接点を持てる場を探します。

工作員も同じテニススクールに入会するという方法も1つです。

入会してしまえば対象者と接点を持つことは簡単にできるでしょう。

しかしそれは

彼の目の前で浮気をさせる

ということになり難易度がとても高い方法となります。

成功した場合に彼に与えるショックは大きいとは思いますが

それよりも成功率重視で行くのであれば

彼の目が行き届いていない場で対象者一人に対して接触できるタイミング

を見つけることが大切です。

そのオペレーションは工作員ではなく調査員の役割となります。

対象者に対しての行動調査を実施し

最適な接触場所を判明させました。

市外から秋田のテニススクールまで通っている対象者の移動距離はそれなりの長距離でした。

時には母親と思われる女性の送迎などもありました。

しかし東北全域で調査に当たっている私共の調査員にとってはその程度は障害にはなりません。

その土地での調査にどの程度慣れているか

というのが行動調査の成果には直結します。

丁寧な行動調査を重ねた結果

対象者のバイト先が判明し工作員はその場にて接点を持つことにしました。

市外に住んでいるというのはメリットにもなりました。

ここで浮気をしても彼にはバレないだろう

という心理になりやすく

ルックス等が優れた工作員が対象者に対して積極的に好意を寄せることで

まずは友人関係を構築し

その後

恋愛関係への発展はさほど難易度が高いものではありませんでした。

この部分は工作員の基本的な能力差が大きく出る部分です。

ルックスや性的な魅力というのは工作員に必要不可欠な面です。

恋愛関係の構築に成功した後は焦らずじっくりと関係を継続していきました。

成功率を重要視した密接な関係を構築し

対象者に不信感を与えずに着々と目的に向かいました。

そして

最も盛り上がっているタイミングを迎えた時に

工作員との鉢合わせを敢行しました.。

対象者の浮気の事実を知らしめるのはさほど手のかかる工程ではありません。

彼と対象者が一緒にいるタイミングを狙い

友人という設定の別の男性工作員と共に秋田に来ていた工作員が鉢合わせをします。

タイミング的には対象者の気持ちは彼よりも工作員に向いていたため工作の効果が最大限に現れました。

本案件は流れとしてはオーソドックスなものでしたが

その分色々な案件に応用が利き多くのご相談のお役に立てる方法です。

またこのようにして対象の男女を別れさせた後に

ご相談者様の復縁をより早く実現するための方法として復縁工作という工作もご用意しております。

別れさせ工作は特定の男女を別れさせることを目的としたものですが

復縁工作は

ご依頼者様と相手の結びつきを強めるために相手に接触をして友人関係を築いていくというものとなります。

多くのご相談が寄せられる中で復縁工作単体のご依頼も多々請け負っております。

宜しければ復縁工作の実績と成功例もご覧いただけましたらと思います。