復縁の第一歩は冷却期間を取ることから

別れた相手と復縁する為に欠かせない冷却期間について考えてみます。

夫婦または恋人同士というカップルに時折訪れる辛く悲しい別れ。

その別れとは二人のうちのどちらか、またはお互いの心が相手に対する怒りや絶望で熱くなり「もう無理!!」と忍耐の限界を超えた先に訪れるものです。

簡単に言うと冷却期間とはその「もう無理!!」となった相手の心を落ち着かせ、頭を冷ます期間なんです。

冷却期間中は連絡する事は勿論、相手の視界に入る事、話しかける事など、とにかく相手とは絶対に接触しない事が何よりも優先されます。

その接触しない期間は最低でも3~4か月は必要です。

このような話しをすると

「そんな長い間離れて居たら相手に忘れられてしまう!」と不安の声を上げる相談者様もいらっしゃいますが…

それで良いのです。

実はこの冷却期間というものは、相手に忘れられる一歩手前までその時間を取る必要があるのです。

ちょっと考えてみましょう。

相手の方はアナタの事が好きじゃなくなって別れたのです。

そんな状態のお相手と、別れてすぐに連絡を取っても、まだ相手の頭の中でのアナタのイメージは

自分が別れたいと感じる人なのです。

だから相手のそのアナタに対するイメージを一度落ち着かせ、熱の入りすぎた関係を一度冷ますのが復縁する過程の中では重要なのです。

そしてこれは付き合った期間にもよりますが

3ヶ月、半年、1年寄り添った相手の事を簡単に忘れられないというのは

アナタと同様に相手も同じなのです

どんなに汚い言葉で罵り合った末の別れであろうが、多少なりとも相手の中にアナタは居るのです。

あなたたちは一度はお互い恋に落ちました。

その事実は揺るがない事実です。

ただ付き合ってしまってからお互いの中で色々な事柄が少し変わっただけなんです。

適切な冷却期間を置き、付き合う前のあなた。相手が惚れたあなたをもう一度思い出してもらいましょう。

同時にこの冷却期間を上手く活用して自分磨きをおこたらないようにしましょう。

相手と再会した際、別れの決断を下した時となんら変わりのないままのアナタでは同じ事の繰り返しになります。

ここまでを要約すると

冷却期間とは

  • 相手の心と頭を冷やすと同時に
  • アナタ自身の心と頭を冷やし
  • 何が原因で自分達が別れに至ったのかという事を考え
  • 反省すべき所は素直に反省し
  • 改善すべき所は改善する
  • 同じ過ちを繰り返さない為にも必要な時間

なのです。